自動車保険 自動車関連

【保存版】車両保険は必要?現役自動車営業マンが徹底解説!

 

けーぱち
まいど、けーぱちでございます! 自動車の営業職をしています。 前職はアパレル販売員をしていました。 この経験を元に当サイトでは 主に、「営業の心得」や「仕事に対する思い」 などをメインに執筆しています。

 

この記事では下記の疑問に答えます。

疑問

  • 車両保険って必要なの?
  • 車両保険を付帯するメリットとデメリットって何?

 

このような疑問を解決します。

 

記事の信憑性

けーぱち
現役自動車営業マン。保険募集人資格アリ。事故対応は週1。

こんな僕が「車両保険」の必要性を詳しく解説します。

 

 

そもそも車両保険とは?

 

新しく車を買い替えた時や自動車保険の更新時期に「付帯すべきなのか」と悩まれる方が多い「車両保険」。

 

女の子
そもそも車両保険ってなあに?

という方もいるかと思います。

ですのでまずは、「車両保険とは?」から解説しておきます。

 

車両保険とは

  • 事故の際に自動車の修理代が支払われる保険

 

よく自動車保険の事を車両保険と勘違いされる方がいますが、合ってるようで合っていません。

正確には、自動車保険の中の車両保険です。

 

詳しくはこちらの記事でも解説していますので、参考までにどうぞ!

【保存版】自動車保険はネット型と代理店どちらがおすすめ?

 

 

車両保険は必要?

 

お待たせしました、本題です。

男の子
車両保険っているの?

という疑問にお答えします。

 

毎日のように自動車保険を取り扱っている僕の回答としては、

車によるが基本的には付帯して方が良い

という回答になります。

 

なぜなら僕の経験上、車両保険を付帯していなかったばかりに路頭に迷う人が多いからです。

 

車両保険を付帯しておらず事故をした場合、修理費は当然ながら実費負担です。

事故をした場合の修理費は最低でも数万円~が相場です。

 

10万円未満の修理ならまだしも、大きな事故だと10万円以上かかるケースがほとんどです。

しかも最近は安全装備の向上とともに、自動車の部品代も昔より圧倒的に高額になってきています。

 

これらの事から、お金に余裕がある人や古い車に乗っている人以外は漏れなく、「車両保険」に加入する事をおすすめしています。

 

 

保険料は全体の約50%

 

女の子
車両保険の必要性は分かったけど、高いんでしょ?

 

自動車保険の全体の金額が10万円だとすると、車両保険が占める割合は約5万円です。

パーセンテージとしては50%ほどを占めています。

 

女の子
50%!?そんなに高いの??

これが車両保険が高いと言われる由縁です。

 

なぜここまで高いのでしょうか?

答えとしては、自動車保険を使う上で、1番使用率が高いからです。

 

詳しい説明は省略しますが、要するに、人を轢き殺してしまったり、物を壊してしまったり、自分が怪我をした治療費よりも【自分の車を直す】事に対して保険を使用する確率が圧倒的に高いのです。

 

以上の事から「車両保険を付帯するべきか?」と悩んでいるのであれば、単純に保険料は倍くらいに高くなると考えたほうが賢明です。

 

 

車両保険を安く付帯する方法

 

男の子
車両保険を付けたいけど、保険料がそんなにも高くなるならなあ・・・

と悩んでいる方に朗報です。

 

実は車両保険を付帯しても安くする方法が2つあります。

 

車両保険を安くする方法

①免責金額を設定する

②カバーできる範囲を狭める

 

この2つの方法で車両保険を付帯しつつも安くすることが可能です。

では詳しく解説していきます。

 

 

①免責金額を設定する

 

車両保険を安くする方法の1つ目は【免責金額を設定する】です。

 

免責金額を設定するというのはその名の通り、「保険を使う際に少しだけ実費負担をする」という事です。

これを設定するだけで大幅に支払う保険料を削減できます。

 

通常だと免責金額の設定は【0-0万円】ですが、例えばこれを【0-10万】に設定するだけで年間保険料が5~1万円程安くなります。

更に安くしようと思うと【5-10万円】とすると2万円くらい安くなったりします。

 

女の子
そんなにも安くなるの!?絶対付けたほうがいいじゃん!

と思うかもしれませんが、安易に付けることはおすすめしません。

なぜなら、いざという時に免責金額が邪魔で保険が使いにくくなるからです。

 

僕は基本的に自動車保険は使いやすくあるべきだと思っています。

仮に免責金額を【5-10万円】で設定していると、事故をして車両保険を使用する場合、5万円を支払わなければいけません。仮に修理費が15万円とすると、15万円のうち5万円は実費負担になります。そして保険で支払われる金額は10万円です。

 

通常、自動車保険を使うと、3年間で平均10万円程保険料を多く支払う必要性があります。

その為、自動車保険を使用する際の判断基準は10万円を越えるかどうかです。

ですので、この場合だと修理費15万円なので保険を使用するメリットは十分にありますが、免責金額が邪魔をして非常に使用しにくい状況になっています。

 

女の子
なるほど・・・。安くなるからと言って安易に設定しちゃダメなんだね。

 

なので、個人的には【0-10万円】で設定をおすすめしています。

理由としては、

0-10万円がおすすめの理由

  • 1回目の事故は自己負担なし
  • 年間2回以上事故するケースが少ない

このような事が考えられますし、保険料をある程度抑えられるので【0-10万円】をおすすめしています。

 

 

②カバーできる範囲を狭める

 

車両保険を安くする方法の2つ目は【カバーできる範囲を狭める】です。

 

実は【車両保険】と一口に言っても3パターンあります。

車両保険の種類

  1. 一般条件
  2. エコノミー
  3. 限定A

 

詳しい説明は割愛しますが、①が最もカバーできる範囲が広く、③が最も狭いです。

車両保険を付帯したいけど、保険料は安くしたい!という方はこの辺りも見直してみるのが良いと思います。

 

 

保険会社を見直すのも1つの手段

 

今回の記事では【車両保険】にフォーカスして書いていますが、「保険会社を変更する」というのも1つの手段だと思っています。

男の子
いろいろ比べるのめんどくさいよ・・・

という方はこちら から一括で見積もりが取れるので非常におすすめです。

 

用意するものは

用意するもの

  • 車検証
  • 保険証券

があれば大丈夫です。

 

ちなみに僕は一括見積をして、現在の保険会社よりも2万円以上安いところがありました・・・。

職業柄、自社加入しかダメなので勿体ない思いをしています。

 

 

まとめ

 

自動車保険は非常に難しいですよね。

 

当ブログではこの記事のように、【自動車保険の正しい入り方】にフォーカスした記事をたくさん書いています。

ぜひこの記事以外もご覧いただき、皆さんの節約の糧として貰えたらと思います。

 

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

24歳 / アパレル店員→自動車営業 / 人見知り /【note】にてブログ収益と戦略を公開中 https://note.com/k8ism/m/m7a9f3101a4c4

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.