自動車関連

【新車VS中古車】結局どちらが良いの?【中古車編】営業マンが解説!

 

けーぱち
まいど、けーぱちでございます! 自動車の営業職をしています。 前職はアパレル販売員をしていました。 この経験を元に当サイトでは 主に、「営業の心得」や「仕事に対する思い」 などをメインに執筆しています。

 

下記の疑問に答えます。

疑問

  • 結局のところ新車と中古車どちらがいいの?
  • 中古車のメリットとデメリットを知りたい

 

記事の信憑性

けーぱち
現役自動車営業マン。国産車のディーラーで勤務中

こんな僕が上記の疑問に答えます。

 

「新車と中古車どちらがいいのか?」最初にこちら疑問に答えておきます。

新車のメリットとデメリットについてはこちらの記事で解説しています。

【新車VS中古車】結局どちらが良いの?【新車編】営業マンが解説!

 

結論から言うと、その人次第です。

当たり前ですが人それぞれ、経済状況は違います。

また欲しい車や車に求めるものも異なるはずです。

 

ですので、100人中100人が新車が良いわけでも中古車が良いわけでもありません。

この記事を通して、それぞれのメリットとデメリットを把握し、自分で考えましょう。

 

 

 

中古車のメリット

 

男の子
中古車のメリットを教えて!

では早速ですが、中古車のメリットとデメリットを営業マン目線で解説していきます。

 

 

まずはメリットから紹介しますね。

営業マンが教える中古車のメリット

  • 安価に購入できる
  • 納車が早い

 

こちらが中古車のメリットとなります。

それぞれを深堀していきますね。

 

 

安価に購入できる

 

中古車の方が新車よりも圧倒的に、安くに購入することが出来ます。

これが中古車を購入する最大のメリットでしょう。

 

基本的には「誰かが使用していた車」なので安くなるのは当然ですが、最近は【新古車】という選択肢もあります。

 

新古車とは、ディーラーが登録台数を稼ぐために「登録だけした車」の事を指します。

要するに、「誰も乗った事はないけど、登録済みの車だから書類上は中古車」という事になります。

外装や内装は全くの新品でありながらも「登録済み」というだけで価格が安くなっているのです。

 

具体的にどれくらい安いのかと言うと、新車の2~3割程度安くなるケースがほとんどです。

ですので「新車に乗りたいけど予算オーバー」という方は新古車を視野に入れてみても良いと思います。

 

 

 

納期が早い

 

中古車の納期は、手続きがすべて完了してしまえば、2週間もあれば納車が可能となります。

 

それに対して新車の場合は、早くとも3週間~1カ月程必要です。

人気車種の場合だと、遅ければ「半年待ち」なんて事もザラにあります。

新車の納期が遅い理由は、受注してから生産を行うためです。

 

それに対して中古車は、在庫品を販売しているので納期が早いです。

既に店にある車を販売しているだけなので、書類とお金さえ揃えば、納車する事が出来てしまいます。

 

ですので、突発的な事情があり「すぐにでも車が必要!」という方は、中古車も選択肢に入れると良いでしょう。

 

 

中古車のデメリット

 

男の子
中古車でも全然良さそうだね!だけど、やっぱりデメリットもあるの?

 

続いて中古車のデメリットをご紹介します。

 

営業マンが教える中古車のデメリット

  • 仕様が選びづらい
  • メーカー保証が無い、もしくは短い

 

上記が中古車のデメリットです。

詳しく解説していきます。

 

 

仕様が選びづらい

 

中古車の場合、在庫車を購入する事になるため、仕様を選びづらい事があります。

 

例えば、あなたが「サンルーフ(天窓)付きで1番良いグレードの黒色が欲しい」となると、一気に選択肢が狭くなります。

新車であれば、すべての要望に応える事が可能ですが、中古車だとそういう訳にはいきません。

 

ただ、こだわるポイントが少ない人であれば、それほどデメリットと感じずに済むかと思います。

 

中古車での購入を検討されている方は、ある程度割り切って購入すると良いかもです。

こだわりすぎると、中古車と言えど高額になるケースが多々あるので、諦めも肝心です。

 

 

メーカー保証が無い、もしくは短い

 

中古車の場合、【メーカー保証】が無い、もしくは短いです。

※【メーカー保証】とは、エンジンなどの駆動系やパワーウインドウなどの電装関係が不調に陥った際に、メーカーが修理費を負担してくれるもの。

 

通常、メーカー保証は3~5年間です。

しかし、低年式の中古車の場合だと【メーカー保証切れ】の場合や「残り数カ月~1年」という場合も往々にしてあります。

 

故障に見舞われたとき、自己負担で修理するのとメーカーが保証してくれる場合とでは、雲泥の差です。

せっかく安価で購入しても、修理費が高額であれば、安く購入した意味もありません。

 

もしも中古車を購入するのであれば、下記に注意しましょう。

 

中古車を購入する際のポイント

  • 高年式である事
  • 整備記録簿が付いている事
  • 中古車保証がある事

 

これらに気を付けて購入する事をおすすめします。

 

 

購入前に愛車の相場を知っておこう

 

 

この記事では【新車のメリットとデメリット】について書いていますが、車を購入する前にすべき事があります。

それは「愛車の相場を調べておくこと」です。

 

愛車の相場を知らないと何十万円と損をしてしまう可能性があります。

ですので、車を購入する前にいくつかの買い取り業者で【査定】をして貰っておきましょう。

 

複数の業者で査定をして貰う事によって、愛車の相場が分かりますし、駆け引きにも使えますよ!

 

男の子
相見積もりが大切なのは分かるけど、いろんな業者を回るのめんどくさいよ・・・

という方が大半かと思いますので、自宅に居ながら複数の業者に査定してサイトをまとめました。

 

 

おすすめ査定サイト3選

 

①ガリバーオート

 

中古車販売で有名な【ガリバー】が運営している、アプリです。

こちらは、なんと「AI」が査定をしてくれます。

ですので、見積もりを貰いに買い取り業者にわざわざ足を運ばなくてもOK!

 

自宅や会社に居ながらでも、すきま時間に手軽に「自分で」査定をすることが出来ます。

 

また分からない事は、チャットで査定士に相談する事も出来るので、車に詳しくない方でも安心して行えますよ!



 

 

②MOTA車買取

 

【MOTA車買取】では最大10社から相見積もりを取る事が可能です。

こちらのサイト最大のポイントは、実車を見せに行かなくても査定をして貰えるという事。

 

大半の買い取り業者が実車を見てからじゃないと査定できないと言いますが、MOTAではそれがありません。

ですので、店舗に行く手間、家に来て貰う事もなく査定が完了します。

 

つまり、新しく車を購入する予定の店舗にしか行かずに済みます。

めちゃくちゃ楽なので一度試してみて下さい。

 



 

③廃車本舗

 

【廃車本舗】では、どれだけ古い車でも値段を付けて貰える可能性があります。

 

僕は以前、こちらのサイトで【15年落ち、7万km】の軽自動車を査定して貰いました。

すると査定価格は、なんと5万円。

 

割と低走行ではありますが、15年落ちの軽自動車がこの金額というのは普通にありえないです。

また、売却の際のレッカー代や、素人にはめんどうな名義変更、廃車手続きといった事も全て代行してくれるそうです。

しかも無料で。

 

廃車本舗では、事故。故障で不動車となった金額が付かない車に関しても、買い取りをしてくれるので、このような車をお持ちの方は、諦めずに一度査定をお願いしてみると良いかもです。

 



 

 

 

まとめ

 

車の購入は、人生で2番目に高い買い物とされています。

 

記事の冒頭では、「新車か中古車かは自分で判断しよう」と書きましたが、ぶっちゃけ、長く乗るならば新車一択です。

 

頻繁に買い替えるものではないので、気に入った車があり、購入条件が合えば新車で購入すると良いでしょう。

特に長く乗るのであれば、尚の事、中古で買うよりも新車で購入した方がリスクは低いです。

 

しかし、人生は長く、数年後に自分の人生がどうなっているか?はかなり読みづらくなっています。

僕が思うに、これからの時代にピッタリな、車との付き合い方は、【カーリース】です。

 

車を所有すると様々なリスクがありますが、カーリースで購入する事で、突発的な高額支払いとは無縁になります。

また、毎月定額の支払いで済むのでかなり経済的です。

 

僕は自動車の営業マンをしていますが、正直これからの時代車は売れなくなるんだろうな・・・と危機感を感じています。

 

以上の事を踏まえたうえで、車を購入する事をおすすめします。

 

 

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

24歳 / アパレル店員→自動車営業 / 人見知り /【note】にてブログ収益と戦略を公開中 https://note.com/k8ism/m/m7a9f3101a4c4

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.