自動車関連

【新車VS中古車】結局どちらが良いの?【新車編】営業マンが解説!

 

けーぱち
まいど、けーぱちでございます! 自動車の営業職をしています。 前職はアパレル販売員をしていました。 この経験を元に当サイトでは 主に、「営業の心得」や「仕事に対する思い」 などをメインに執筆しています。

 

✅下記の疑問に答えます。

疑問

  • 結局のところ新車と中古車どちらがいいの?
  • 新車のメリットとデメリットを知りたい

 

記事の信憑性

けーぱち
現役自動車営業マン。国産車のディーラーで勤務中

こんな僕が上記の疑問に答えます。

 

「新車と中古車どちらがいいのか?」最初にこちら疑問に答えておきます。

中古車のメリットとデメリットについてはこちらの記事で解説しています。

【新車VS中古車】結局どちらが良いの?【中古車編】営業マンが解説!

 

結論から言うと、その人次第。

当たり前ですが、人それぞれ、経済状況は違います。

また欲しい車や車に求めるものも異なるはずです。

 

ですので、100人中100人が新車が良いわけでも中古車が良いわけでもありません。

この記事を通して、それぞれのメリットとデメリットを把握し、自分で考えましょう。

 

 

新車のメリット

 

 

男の子
新車のメリットを教えて!

では早速ですが、新車のメリットとデメリットを営業マン目線で解説していきます。

 

 

まずはメリットから紹介しますね。

営業マンが教える新車のメリット

  • メーカー保証が付いている
  • メーカーオプションを付けられる
  • 任意保険で優遇される

 

こちらが新車のメリットとなります。

それぞれを深堀していきますね。

 

メーカー保証が付いている

 

新車には【メーカー保証】というものがあります。

この保証とは通常3年、保証延長に加入すると5年まで伸ばすことが出来ます。

 

例えば下記の時にメーカー保証があれば、無償で修理する事が可能です。

 

無償で修理できる例

パワーウインドウが閉まらない、下がらない

ナビゲーションが急に映らなくなった

ドアミラーが格納しない

 

このように予期せぬ事態の、高額な出費を保証で補うことが出来ます。

中古車では保証期間が切れている場合が大半なので、メーカー保証がある事は新車のメリットです。

 

 

メーカオプションを付けられる

 

【メーカーオプション】とは、生産段階でしか取り付ける事が出来ないオプションです。

例えば、サンルーフ(天窓)やルーフレール、音響システムなどはメーカーオプションである可能性が高いです。

 

中古車で上記の装備が付いている車を探すと、かなり球数が少なくなります。

しかし、新車であれば、オーナーの思い通りにカスタマイズすることが出来ますよね?

 

「自分だけの1台を作りたい!」というこだわり派の人には新車での購入がおすすめですよ。

 

 

任意保険で優遇される

 

実は新車は任意保険において、かなり優遇されています。

 

まず、意外と知られていませんが、新車は保険料が安く済みます。

なぜなら任意保険には【新車割引】というものがあるからです。

同じ車でも、新車と中古車では保険料に差額が発生してきます。

 

また、割引制度だけではなく、万が一の時にも備えられる特約があります。

詳しくは下記の記事を参照にして頂きたいのですが、新車を購入してのであれば【新価特約】を付帯することが出来ます。

【新価特約】って知ってる?新車を購入したら必ず付帯しよう

 

こちらの特約を付帯しておくことによって、大きな事故にあった場合でも再び、新車を購入できる分の保険金が支払われます。

かなりおすすめの特約なので、新車を購入したらぜひとも付帯しておきましょう。

 

任意保険については下記の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧下さい。

【保存版】自動車保険で付帯する特約はたった3つだけ!今すぐ見直そう!

 

 

 

新車のデメリット

 

男の子
やっぱり新車は良いよね~!でもデメリットもあるんでしょ?

 

新車のデメリットはこちらです。

営業マンが教える新車のデメリット

  • 購入価格が高い
  • 納期に時間がかかる場合がある

 

上記が新車のデメリットです。

詳しく解説していきます。

 

購入価格が高い

 

新車の最大のデメリットは、購入価格が高いこと。

 

新車だと最新の装備、好みのデザイン、好きなカラーを選ぶことが出来ます。

当然ですが、その分の高額になってしまいます。

 

誰しも欲しい車を新車で買いたいに決まっています。

ですが、価格が高く、予算と合わずに諦めるケースが多々あります。

 

しかし、最近では【残価設定型クレジット】や【カルモ】というサービスが登場した事で、手軽に新車に乗れるようになってきました。

 

新車に乗りたいけど予算が合わない・・・」という人はこのようなサービスを使用してみるのも1つの手だと思いますよ!

 

 

 納期に時間がかかる場合がある

 

新車の場合、納期に時間がかかるケースがあります。

 

中古車だと【在庫販売】になるので比較的、納期は早いです。

2週間ほどあれば十分、納車可能かと思います。

 

あまり知られていませんが、実は新車の場合も2~3週間で納車が可能です。

条件として、欲しい車が販売会社の在庫車、もしくはメーカーに在庫がある場合に限りますが。

 

ただし、人気車や高級車、特殊なメーカーオプション装着車に関しては納期が延びる可能性が大です。

長ければ、最大で半年待ちなんてこともザラにあります。

 

気長に待てる人であれば問題ありませんが、事故や故障によって「すぐにでも代わりの車が欲しい!」

という方には少々、酷かもしれません。

 

 

 

購入前に愛車の相場を知っておこう

 

この記事では【新車のメリットとデメリット】について書いていますが、車を購入する前にすべき事があります。

それは「愛車の相場を調べておくこと」です。

 

愛車の相場を知らないと何十万円と損をしてしまう可能性があります。

ですので、車を購入する前にいくつかの買い取り業者で【査定】をして貰っておきましょう。

 

複数の業者で査定をして貰う事によって、愛車の相場が分かりますし、駆け引きにも使えますよ!

 

男の子
相見積もりが大切なのは分かるけど、いろんな業者を回るのめんどくさいよ・・・

という方が大半かと思いますので、自宅に居ながら複数の業者に査定してサイトをまとめました。

 

 

おすすめ査定サイト3選

 

①ガリバーオート

 

中古車販売で有名な【ガリバー】が運営している、アプリです。

こちらは、なんと「AI」が査定をしてくれます。

ですので、見積もりを貰いに買い取り業者にわざわざ足を運ばなくてもOK!

 

自宅や会社に居ながらでも、すきま時間に手軽に「自分で」査定をすることが出来ます。

 

また分からない事は、チャットで査定士に相談する事も出来るので、車に詳しくない方でも安心して行えますよ!



 

 

②MOTA車買取

 

【MOTA車買取】では最大10社から相見積もりを取る事が可能です。

こちらのサイト最大のポイントは、実車を見せに行かなくても査定をして貰えるという事。

 

大半の買い取り業者が実車を見てからじゃないと査定できないと言いますが、MOTAではそれがありません。

ですので、店舗に行く手間、家に来て貰う事もなく査定が完了します。

 

つまり、新しく車を購入する予定の店舗にしか行かずに済みます。

めちゃくちゃ楽なので一度試してみて下さい。

 



 

③廃車本舗

 

【廃車本舗】では、どれだけ古い車でも値段を付けて貰える可能性があります。

 

僕は以前、こちらのサイトで【15年落ち、7万km】の軽自動車を査定して貰いました。

すると査定価格は、なんと5万円。

 

割と低走行ではありますが、15年落ちの軽自動車がこの金額というのは普通にありえないです。

また、売却の際のレッカー代や、素人にはめんどうな名義変更、廃車手続きといった事も全て代行してくれるそうです。

しかも無料で。

 

廃車本舗では、事故。故障で不動車となった金額が付かない車に関しても、買い取りをしてくれるので、このような車をお持ちの方は、諦めずに一度査定をお願いしてみると良いかもです。

 



 

 

まとめ

 

車の購入は、人生で2番目に高い買い物とされています。

 

記事の冒頭では、「新車か中古車かは自分で判断しよう」と書きましたが、ぶっちゃけ、長く乗るならば新車一択です。

 

頻繁に買い替えるものではないので、気に入った車があり、購入条件が合えば新車で購入すると良いでしょう。

特に長く乗るのであれば、尚の事、中古で買うよりも新車で購入した方がリスクは低いです。

 

しかし、人生は長く、数年後に自分の人生がどうなっているか?はかなり読みづらくなっています。

僕が思うに、これからの時代にピッタリな、車との付き合い方は、【カーリース】です。

 

車を所有すると様々なリスクがありますが、カーリースで購入する事で、突発的な高額支払いとは無縁になります。

また、毎月定額の支払いで済むのでかなり経済的です。

 

僕は自動車の営業マンをしていますが、正直これからの時代車は売れなくなるんだろうな・・・と危機感を感じています。

 

以上の事を踏まえたうえで、車を購入する事をおすすめします。

 

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

24歳 / アパレル店員→自動車営業 / 人見知り /【note】にてブログ収益と戦略を公開中 https://note.com/k8ism/m/m7a9f3101a4c4

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.