自動車保険

【車両保険】免責金額は必ず払う訳ではない!払わないパターンは2つある!

 

けーぱち
まいど、けーぱちでございます! 自動車の営業職をしています。 前職はアパレル販売員をしていました。 この経験を元に当サイトでは 主に、「営業の心得」や「仕事に対する思い」 などをメインに執筆しています。

 

✅下記の疑問に答えます。

疑問

  • 車両保険の免責金額を設定しようか悩んでいる
  • 免責金額って必ず支払わなければいけないの?

 

✅記事の信憑性

けーぱち
現役自動車営業マン。自動車保険募集人資格アリ。週1事故対応。

こんな僕が上記の疑問を解決します。

 

 

そもそも免責金額とは

 

女の子
そもそも免責金額ってなあに?

保険料は安くなるが、保険使用時に実費負担が発生する

という事です。

 

免責金額を設定していない場合、事故修理で保険を使用しても実費負担はありません。

しかし、免責金額を設定している場合だと、事故修理で保険を使用する時に実費負担が発生します

保険使用時は実費負担が発生しますが、年間の保険料は免責金額を設定している方が安くなります。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

ぜひ参考にしてくみてださい。

【徹底解説】車両保険に免責金額は設定するべき?

 

 

 

免責金額を支払わないパターン2つ

 

男の子
保険料が安くなるけど、万が一の時にお金払うの嫌だなあ・・・

と悩まれる方もいるかと思います。

 

でも安心してください!

実は免責金額は必ずしも払わなければいけない訳じゃないんです!

 

免責金額を支払わなくても良いパターンは2つあります。

免責金額を支払わなくて良いパターン

  1. 全損の場合
  2. 相手の支払額が免責金額を上回った場合

 

このような場合は自分が設定している免責金額を支払わなくても大丈夫です。

では詳しく解説していきます。

 

 

①全損の場合

 

免責金額を設定していても自己負担が無いパターンの1つ目が、全損の場合です。

全損とは、修理費や損害額が時価額(事故時の契約車両の価格)もしくは保険価額を超えるような場合を主に差します。

この場合、車両保険の免責金額は免除され、保険契約者は支払わなくても良い事になっています。

 

ですので、時価額の低い車に車両保険を付帯している方は全損になりやすいです。そのため、免責金額を設定して保険料を下げるのも1つの手段としておすすめですよ!

 

②相手の支払額が免責金額を上回った場合

 

相手がいる場合の事故だと、免責金額を支払わなくて良い可能性があります。

理由としては、相手からの賠償金は最初に免責金額に充当されるからです。

 

これだけの説明だと分かりづらいので例を出します。

  • 過失割合5:5(あなた:相手)
  • 修理費:100万円
  • 免責金額:10万円

このようなケースだとあなたは免責金額を支払わなくてもOKです。

なぜなら、過失割合が5:5、修理費が100万円なので、相手の負担額が50万円となり、免責金額を上回ってくるからです。

そして残りの修理費50万円は自分の車両保険から支払われるので、あなたの実費負担額は0円で済みます。

 

女の子
なるほど!必ず支払わなくても良いんだったら設定しようかな!

 

 

保険会社を変更するのもアリ

 

今回の記事では【免責金額】にフォーカスして書いていますが、「保険会社を変更する」というのも1つの手段だと思っています。

男の子
いろいろ比べるのめんどくさいよ・・・

という方はこちら から一括で見積もりが取れるので非常におすすめです。

 

用意するものは

用意するもの

  • 車検証
  • 保険証券

があれば大丈夫です。

 

ちなみに僕は一括見積をして、現在の保険会社よりも2万円以上安いところがありました・・・。

職業柄、自社加入しかダメなので勿体ない思いをしています。

 

まとめ

 

自動車保険は非常に難しいですよね。

 

当ブログではこの記事のように、【自動車保険の正しい入り方】にフォーカスした記事をたくさん書いています。

ぜひこの記事以外もご覧いただき、皆さんの節約の糧として貰えたらと思います。

 

 

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

【人間関係構築のプロ】24歳 アパレル販売員→自動車営業マン たった1年でトップセールスマンになりました! noteにて【けーぱち式会話術】が絶賛販売中!http://note.com/k8ism/n/na2d83… 金遣い荒すぎて借金300万あります

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.