けーぱちイズム

K8ISM

仕事

【会社員必読!】圧倒的に仕事ができる人の考え方

 

 

 

まいど、けーぱちでございます!

 

twitter.com

 

 

自分で言うのもあれですが、

僕は仕事ができるタイプです!

 

僕の経歴はnoteでも触れてます。

是非見てください!損は絶対しません!

note.com

 

 要は、めちゃめちゃ大変なお店を任せて貰えるくらい

信頼と期待をして貰っていたってことです。

 

 

なので今回はいつも僕が仕事で大事にしている事を伝えていきたいと思います!

 

 

 

 

 

「仕事ができる人」の定義

 

「できる人」ってなんなんでしょうか?

 

役職が上の人?契約が取れる人?販売ができる人?

 

できる人の定義ってめちゃくちゃあると思うんですよね。

 

だけど共通事項が1つあって、できる人は総じて

結果を出す事ができる人なんです。

 

客観的に見て仕事ができる人は、

全員何かしらの形で結果を出しています。

 

なので冷たい言い方をすると。

現在、評価されていない人は、

結果を出せていない人です。

 

仕事ができる=結果を出している人

を定義としてこれを定義として

書いていきますので、ご理解ください。

 

 

仕事ができる人の考え方

 

①ポジティブである

 

ここからは僕が普段考えている事を中心にお伝えしていきます。

 

「できない人」の共通点として圧倒的に多いのが、陰口と文句

 

負の感情は伝染します。

そもそも他人に悪影響を出す人は会社にとって不必要な存在です。

さらに陰口に至ってはいつの間にか本人まで届きます。

陰口を言う→噂が広がる→本人に届く→本人が知ったことを人づてで聞く

結論、あなたが言った陰口をみんなが知ってる。

結果、会社に居づらくなる。すぐにでも陰口はやめましょう。

 

個人的には文句を言うのはいいと思います。それによって働く環境が良くなる場合もありますので。

ただ、言ったのであればその言葉には責任を持つべきです。

責任のとれない発言は大人として言っちゃいけません。

 

かなり脱線しましたが何を言いたいかというと、

結果を出すこと=他人に認めて貰うこと

でもあるってことです。

 

他人に認めて貰いたいのに文句言ったり陰口言う人がいますか?

 普通は言わないですよね?

 

だからと言って、他人に媚びを売ったりしろって事じゃないです。

 

 認めて貰いたければ、

負の感情を捨てて下さい。

 

仕事ができる人は基本的にポジティブです。

 

いちいち文句言わないのです。

文句言ってる暇があれば、どうやったらできるのかを考えます。

 

ネガティブでいい事は1つもないのです。

 

てか卑屈に生きていても人生楽しくないでしょ?

卑屈な人よりポジティブな人と仕事をしたいのが普通です。

 

馬鹿みたいですができる人の第一歩は、

ポジティになることから!

 

 

②協調性がある

 

どれだけ結果を残している人でも決して1人で仕事はできません。

ワンマンプレーでは限界があることをできる人たちはよーく知っています。

 

ですので、できる人たちは総じて社内での人間関係は良好です。

むしろかなり人気者だったりします。

 

実際、結果を出していると自然と人は寄ってくるんですけど、

出来る人はそういう人も蔑ろにしませんし、むしろ利用します。

 ここからはちょっと腹黒いお話です。

 

先ほども言いましたが、仕事は1人ではできません。

 

結果を出したいのであれば社内外、上司や部下を問わず、

自分の考えに同調してくれる人を囲って、

自分が動きやすい環境を作ったほうがいいです。

 味方が多いに越したことはないのですし、できる人の多くはそうしています。

僕の場合は営業職なので、どこから紹介が貰えるか分かりませんので基本的にいろんな人と仲良くしていたいタイプですw

 

悪い言い方をするのであれば、他人は利用すべきです。

 ギブ&テイクめちゃくちゃ大事です!

 

ここで大切なことは、まず自分から与えること(ギブ)をしてください。

恩を売るんです!

 

じゃないと自分にとってメリットのある事なんてして貰えませんから。

 協力者を募るためには、まずは自分から協力することから始めましょう。

 

ちなみに何もせずに最初から協力してくれる人は、

高確率で裏がありますのであまり信頼しないでください。

 冗談ではなくて何かしらの下心を持って接してきますから・・・。

 

要するに自分が動きやすい(結果を出しやすい)環境を作るには、

まず自分から動いて協力者を集めていきましょう。

 

何度も言いますが1人で出来る事には限界があります。プライドは捨ててほかの人と強調しましょう。他人と上手く協力すれば、圧倒的に仕事の効率も上がります。更に上手くやれば周りからの評価も上がります。

 

なので現状、伸び悩んでいる人は1人行動に固執していないで、周りを上手く頼るのも1つの手ですよ。

 

 

 

③他人任せにしない

先ほどは「1人で行動せずに他人と協力しよう!」 

と言いましたが、協力するのと他人任せは大きく違います。

 

ですのでここで大事にしてもらいたいのは確認作業です。

 「確認作業?」と思うかもしれませんが、すごく大事です。

 他人と協力して仕事をしているとどうしても任せなきゃいけない部分が出てきます。

そういったときに限ってミスって起きるんですよ。しかも大きなやつ。

僕はこういう場面で自分の忙しさなどを言い訳にして

ついつい「それでいいよー」って言ってました。

しかし、それで何度も痛い目にあったので絶対に他人にお願いした事は確認を入れるようにしてます。

 もちろん優秀な人はたくさんいるので任せるべきところは他人に任せて、自分がやるべきことに集中したほうがいいです。

 

 ですが、上司だろうが取引先だろうが、先輩だろうがなんだろうが他人に任せたことは全部自分の目で見て確認してください

 これを言うと、

「え、任せた意味ないじゃん。」って良く言われるんですが、それじゃいつか痛い目にあいますよ。他人は自分の思い通りに動きません、絶対に。

 任せたからこそ確認するんです。確認する時は自分が一から始めるくらいの気持ちで見てくださいね。

 

二度手間になるかもしれませんが、

他人に任せたとしても任せた仕事はあなたの仕事であるという事を忘れないように!

ですので、どれだけ自分が忙しかろうと必ず確認作業はして下さい。

ミスのない人はどんな人よりも評価は高いのです。

 

 

まとめ

 

あくまで僕の主観で考えていますので賛否はあると思います。

しかし実際に僕はこれらを大事にしてきたことによって結果を出してくることが出来ました。

結果の出し方が分からない人は是非参考にしてみてください。

 

 

おさらいですが、

 まずはポジティブに物事を捉えるようになりましょう。

そうすることでポジティブな人の周りには必ず人が集まってきます。そうしたら仕事を教えてもらえたり、仕事が貰えたりするようになります。

そうして協力や仕事が貰えるようになったのであれば、必然的に忙しくなるでしょう。忙しければ他人に協力を求めましょう。そうして生産性を上げていくと結果が出せるようになります。結果が出始めたら次はミスのない仕事を心がけましょう。自分の仕事も他の人にやってもらった仕事も最終的にはしっかりと自分の目で確認しましょう。

 

これらを徹底的に行えば必ず結果を残せます。

 

 結果が出せるかどうかなんて結局のところ自分次第です。

 自分がストイックに仕事に向かい合えば、

結果を出すことなんて難しくありません。

 結果が出ていない人は、

自分の熱量が足りないんですよ。頑張りましょう!

 

 偉そうなことを延々書いてしまいましたがご参考になれたら幸いです。

またnoteにて対人関係の克服の仕方も絶賛販売中です。

ぜひご覧下さいませ!

note.com

 

 

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

【人間関係構築のプロ】24歳 アパレル販売員→自動車営業マン たった1年でトップセールスマンになりました! noteにて【けーぱち式会話術】が絶賛販売中!http://note.com/k8ism/n/na2d83… 金遣い荒すぎて借金300万あります

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.