お金

【必見】20代のうちに1度は1人暮らしを経験すべき3つの理由

 

 

まいど、けーぱちでございます!

twitter.com

 

今回のテーマは、

ずばり1人暮らしです。

 

皆さんは経験ありますか?

 

僕は、19歳~22歳までの約4年間ほどしてました。

 

そんな1人暮らし経験4年のけーぱちが、

20代のうちに1人暮らしを経験すべき理由を教えちゃいます!

 

 

 

 

親の偉大さが物凄く分かる

 

「親ってめっちゃ偉大だわw」

1人暮らしをし始めたばっかりの

大学生とかがよく言いますよね

 

「1人暮らしほんとたいへーんw親ってまじ偉大w」とか

「今日のごはんどうしよー?wお買い物行かなきゃwお母さんってすごいなw」

っていうツイートって1回は見たことありますよね?w

こんな事言うやつは基本的には、

1人暮らししてる自分すごいでしょ?もしくは、

家事頑張ってるんだよ!アピールです。

 

まあ中には、

「干渉されなくてサイコーww」とか

「誰にも何も言われないw自由過ぎワロタ」

みたいな何も考えていない奴も大勢います。

※あくまでイメージです。

 

そんな意見ももちろんあると思います。

 

なんなら僕もそんな1人でした。←おいw

 

確かにね、1人で住んでる訳だから、

干渉されないし文句なんて言われないんですよ!

 

そこは本当に激しく同意します!

 

だからって、

「お母さん、お父さんまじ感謝卍」みたいな←どんな奴だw

そんな薄っぺらい事が言いたいわけではないんですね。

 

なので、

親の有難さ、偉大さが分かる瞬間

を2つ紹介します。

 

①ごはんどうするのか問題

1人暮らしだから当然、ごはんも1人なわけですよ。

1人暮らし始めたばっかの時は自炊します。普通の人は。

 

でも毎日続いてる人っていますか?

 

気づいたら外食とかコンビニで済ましてませんか?

 

もちろん僕もそうでした。

 

最初の半年くらいは週3~4で作ってましたが・・・。

って言っても、

朝:食パン、昼:コンビニ、夜:何か作る

みたいな感じです。しかもおいしくない。←頑張れよw

 

でもここ2~3年は100%と言っていいくらいに、

ごはんなんて作ってなかったです。

 

言い訳をすると、僕の場合は仕事終わって帰るのが

23時過ぎていたので作るのは諦めていました。

休みの日は作れよって感じではありますが、

休日は休日で何もしたくなくなるんですよね・・・。

 

そんな事が続いてくると、

本当に母親の凄さって分かるんですよね。

 

毎日家に帰ったらごはんがある。

これって当たり前のことのようで当たり前じゃないんですよ。

 

めちゃくちゃすごいことですよ?

 

自炊は安上がりだけど作るのは大変だし、

外食は楽だけどお金がかかる。コンビニは安いけどおいしくない。

 

でも実家暮らしだとなかなかこの大変さが分かんないんですよ。

 

②家事やる事多すぎ問題

ごはんの件に似てるんですけどね、

家事ってすごくやる事が多いんですね。

 

1つ1つの作業はそんなに大変ではないんですけど、

全部をきっちりやろうと思うと1日潰れちゃいます。

 

炊事、掃除、洗濯、買い物など細かいことも合わせればもっとたくさん!

 

これを毎日やってもらってたわけですよ!

 

365日休まずに!凄すぎますよ、これって!

 

1人暮らしだったら1人分だけでいいんですけど、

実家だったらお母さんは家族全員分ですからね?

 

いや、もう無理でしょ。めっちゃ疲れるわ。

 

この大変さは1人暮らしをして体験したほうがいいです。まじで。

 

実家暮らしでたまーに家事を手伝うこととは、

はっきり言って次元が違います。

大げさかもしれませんが、本当に違います。

 

もっと凄さが分かる瞬間ってあるんですけど、

特に日常的に感じられる場面をまとめました。

 

今回は家事で例えてみましたが、

何に関しても言えることとしては、

「当たり前のことを当たり前にやり続ける」

ってことは凄く難しいんですよ。

 

これを体感するために1人暮らしをするべきです!!

 

 

「お金の大切さ」が分かる

 

「お金は大切です。」

そんな事は幼稚園児でも知っています。

 

でも、本当の意味での大切さって知っていますか?

 

僕は社会人で1人暮らしだったので、

めっちゃくちゃ本当に痛感しました。

大学生の人でも十分わかってもらえると思います。

 

人間は、

生きてるだけでお金がかかるんです。

 

当たり前かもしれませんが、

まじで普通に生きていくだけでアホほど金かかります。

 

seikatsuhi.com

 

試しに計算してみてください。

 

毎月こんなにかかるの?ってくらいかかります。

 

僕の場合だと、

 

手取り:約20万

 

生活費:19万

 

これくらいのレベルでした。

 

人が1人生きていくだけでこのくらいはかかります。

 

僕はかなり無駄遣いが多かったので、

まったく貯金ができてなかったです。

むしろ借金抱えました。当時180万くらい。

完全にあほです。

 

詳しくはこれを読んでみてください。

 

www.k8ism.com

 

 

シュミレーターで計算したら

もっと具体的に分かると思うんですが、実は1人暮らしをすると、

自由に使えるお金なんてほとんどないに等しいんです。

 

そんな状態になってでも、

僕が1人暮らしを進める理由としては、

きちんとした金銭感覚を養うためです。

 

20歳を超えたら法律上は大人です。

大人は1人で生活できなきゃいけないんです。

 

1人暮らしをすると、

どれくらいのお金が必要なのか?

どれくらいの生活レベルになるのか?

自分が満足できる生活をするためにはいくら必要なのか?

 

これらの事が嫌でも分かるようになります。

 

実家でのほほーんと暮らしていると、

絶対に分からないです。

 

頭で分かっていても実際やるのとでは大違いなので。

 

 

決断力が付く

 

1人暮らしは優柔不断が治ります

 

何でもかんでも自分で決めなきゃいけないので。

 

いちいち迷ってたら時間がもったいない。

 

そして僕は何事においても自分で決めたいのです。

 

日本は同調圧力が強いっていいますよね?

 

でもそれって、自分で何も決められないから

他者に依存してるだけです。

 

どこに行くのも、何を食べるのも、トイレに行くのでさえも

すぐに誰かを頼ります。

 

本当に意味不明です。

 

からしたらそんなに

群れる意味が分からないです。

 

もちろん家族や友達、恋人はもちろんすごく大切です。

 

そんな当たり前のことは分かっています。

 

でも人生の大切な局面で物事を決めるのは自分ですよ?

 

就職や転職、結婚、家を買うなど何でもいいですが、

人生において大きなイベントは絶対あります。

 

大きな決断をする場面で誰かに決めてもらいますか?

 

相談することはあっても決定するのはあくまで自分です。

 

あんまり群れて行動していたら、

いざって時に、自分で決断できなくなりますよ?

 

仮に決めたとしても後悔が残る結果になるかもしれないです。

 

どんなに小さなことでもいいので、

自分で決める練習をしましょう。

 

何を食べる、どこに行く、何をするにしても

簡単な事でも自分で決められるようになりましょう。

 

そのために1人暮らしをして

嫌でも1人になる状況を作るべきなんです。

 

 

 

まとめ

 

いろいろと書きましたが、

1人暮らしをすると人間として成長できますよ

って話です。

 

親元を離れて1人で生きるのって、

想像しているよりずっと大変ですからね・・・。

 

もし1人暮らしをするのであれば、

出来る事なら大学生でするよりも、

社会人でしたほうがいいです!

 

仕事で疲れて帰ってから家事するのとか地獄ですし、

一生懸命働いたお金が生活費だけで消えるのとか、

めっちゃやるせない気持ちになりますからね。

 

それでも1人暮らしを進める理由は、

今回書いたことがあるからです。

 

別に僕みたいに4年もしなくていいと思います。

 

それこそ1年くらいでもいいと思います。

 

何事も経験すべきなので、

1人暮らしをするか悩んでいる人は是非してみてください!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

24歳 / アパレル店員→自動車営業 / 人見知り /【note】にてブログ収益と戦略を公開中 https://note.com/k8ism/m/m7a9f3101a4c4

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.