お金

【3分で分かる】ながら運転厳罰化まとめ

f:id:nayameruotokonooyakudachi:20191209212259p:plain

まいど、けーぱちでございます!

twitter.com

2019年12月1日より「ながら運転」が厳罰化されたのをご存じですか?

超絶重要なことですが実はあまり知られてなかったり、「なんとなくしか知らない」

という方たちのために今回は「ながら運転」厳罰化についてまとめていきます。

そもそも「ながら運転」とは

「ながら運転の厳罰化」とニュースでは取り上げられていますが、

そもそもどこからが「ながら運転」に値するのでしょうか?

前提条件としてまずはここから整理していきます。

取り締まりの対象となるのは以下です。

・通話

・画像の注視

原則として、この二点が法令上では取り締まりに値します。

まず「通話」ですが、わざわざ説明する必要もないと思いますが、

携帯電話での通話をしながらの運転に対して取り締まりを行います。

ですが、ハンズフリーでの通話であれば問題ありません。

例えば、ヘッドセットやナビとBluetoothで連動させて接続しての会話など

であれば全く問題ありません。

次に「画像の注視」ですが、こちらは一般の認識だと、

運転中の携帯電話の操作だと思われますが、実はそれ以外にもあります。

例えば、ナビの操作やナビ画面を見続けるなども「画像の注視」に入ります。

ですので、携帯電話だけの問題ではありませんのでご注意ください。

ちなみに、信号停止中の操作は一応は罰則の対象になりません。

また、安全な路肩に駐車してからの通話や操作であれば問題ありません。

厳罰化になって何が変わった?

「ながら厳罰化!」といわれても何がどう変わったのか?

そもそも元はどのような罰則があったかなんていうのは、

実際に違反をしたことがない限り知らないですよね?

というわけで、どこががどう変わったのかを解説していきます。

ながら運転中の事故(2019年11月30日まで)
   罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
   反 則 金  大型車1万2千円、普通車9千円、二輪車7千円、原付車6千円
   基礎点数 2点

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ながら運転中の事故(2019年12月1日から)
    罰  則 1年以下の懲役または30万円以下の罰金
    反 則 金 適用なし
    基礎点数 6点

ながら運転(2019年11月30日まで)
   罰  則 5万円以下の罰金
   反 則 金  大型車7千円、普通車6千円、二輪車6千円、原付車5千円
   基礎点数 1点

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ながら運転(2019年12月1日から)
   罰  則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
   反 則 金 大型車2万5千円、普通車1万8千円、

        二輪車1万5千円、原付車1万2千円

このように反則金と違反点数だけ見たら単純に約3倍にまで上昇しています。

日本国内での「ながら運転」への意識の高さが伺える厳罰化になっています。

ちなみにながら運転での事故の場合は違反点数6点となっていますが、

この反則点数がどれ位かというと「一発で免停」になります。

もし万が一、それでもながら運転を止めないのであれば、

それ相応の覚悟をして臨んでくださいね。

まとめ

要は、携帯電話は走行中に触らない。それは当たり前のことでマナーです。

それができなければ、車に乗る資格はありません。

「ながら運転厳罰化」の背景にどれだけの方の命が失われているかご存じですか?

「自分は事故なんてヘマはしない!」と思っている人こそ事故を起こします。

しかも取り返しのつかないような大きな事故を。

僕は自動車営業マンという職業柄、多くの事故を対応しているのでよく分かります。

自動車事故は本当に誰も得をしません。

くどいですが、くれぐれも「ながら運転」は絶対にやめましょう。

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

24歳 / アパレル店員→自動車営業 / 人見知り /【note】にてブログ収益と戦略を公開中 https://note.com/k8ism/m/m7a9f3101a4c4

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.