お金

【浪費家必見】僕がキャッシュレスより現金派に戻る2つの理由

f:id:nayameruotokonooyakudachi:20191211200313p:plain

まいど、けーぱちでございます!

twitter.com

2019年10月の増税に伴い、すっかりキャッシュレス派が増えましたね。

僕の場合は2年間くらいApple payでQuick payしていました。

本当にお財布もいらなくて持ち物が減るのですごく楽ですよね。

ただ、僕の場合はキャッシュレスをやめることにしました。

時代錯誤なのは重々承知なのですが、

僕なりの理由が2つあるのでそれを紹介したいと思います。

①浪費家はキャッシュレスをしてはいけない

キャッシュレス決済は確かに便利だし会計の時間も短縮できます。

ですが、目に見えてお金が減っている(使っている)感覚がないので、

僕みたいな浪費家からすると「無限に使えるんじゃないか?」という錯覚に陥ります。

どれだけ使っても手元にある現金は一切減らないので。

しかし、当然そんなわけはなく翌月のカードの明細を見てびっくりします。

実際、僕はそれで使い過ぎにより生活苦に陥りクレカを2社解約されました。

詳しい話はこの記事を読んでいただけたらと思います。

www.k8ism.com

こういう経験(自業自得)があるからこそ、余計にクレカやQRコード決済などの

キャッシュレス決済に対して恐怖心を覚えているというわけです。

なので僕は手元でお金の増減が分かる、現金が好きです。

②田舎には対応店舗がまだまだ少ない

僕は地方在住なのです。

もちろん地方都市でもなく完全なる田舎です。

コンビニやスーパーなどは流石にキャッシュレスに対応していますが、

個人で経営しているお店や自動販売機に対応していないんですよ。

なので現状、自分の生活圏内では現金での支払いで満足しており、不便さを感じることもないです。

またキャッシュレスの強みであるスピード決済ですが、

田舎はほとんど並ぶことがないため、そこまで重要視していません。

以上のことから、「キャッシュレスに移行しないとまずい」

というような危機感は地域柄もあり全く感じていません。

僕がキャッシュレス派になる場合

僕が今後100%現金派を貫くかどうかは分かりません。

あくまで僕が現金派に戻る理由というのは、

自分に問題があるだけでキャッシュレス決済自体は全然嫌いじゃないです。

むしろ合理的ですし、スピード決済も都会に住んでた時は非常に有難かったです。

ですが、自分の現状では一切必要性を感じませんので

しばらくは戻ることはないのかなあと思っています。

ただ、戻ることがあるとすると以下のような場合です。

・お金に余裕が出来たとき

・キャッシュレスが当たり前になったとき

・都会に住むことになったとき

このような理由がない限りは現金派であり続けるでしょう。

恐らくこのような状況はしばらくは来ないと思うので

何年かは現金派の時代錯誤マンでいきます。

まとめ

何度も言いますが、僕がキャッシュレス決済を使わないのは

自分に問題があるからであってキャッシュレス決済自体に問題はありません。

むしろ経済的に余裕があるのであれば、率先して使っているでしょう。

ただ、今はキャッシュレスを使いこなせません。

むしろキャッシュに使われている状態なので・・・。

お金に振り回されている現状を打破し、お金を使いこなせる人間になりたいですね。

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

【人間関係構築のプロ】24歳 アパレル販売員→自動車営業マン たった1年でトップセールスマンになりました! noteにて【けーぱち式会話術】が絶賛販売中!http://note.com/k8ism/n/na2d83… 金遣い荒すぎて借金300万あります

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.