書評 読書

【書評】バビロン大富豪の教え【漫画版】お金持ちには誰でもなれる!

 

✅下記の疑問に答えます。

疑問

  • お金持ちになる方法を知りたい
  • 【バビロン大富豪の教え】という本が気になっている

 

✅記事の信憑性

けーぱち
趣味は読書。毎月10冊以上は必ず読む。

 

※【バビロン大富豪の教え】のネタバレではなく、概要および感想を書いた記事になっています。

 

この本は今から約100年前に書かれた本「バビロンの大富豪」(ジョージ・S・クレイソン著)の漫画版となっています。

 

実を言うと、僕は漫画版の前にオーディブルで「バビロンの大富豪」を聴いていました。

聴いた結果、めちゃくちゃ良書で、より深く理解したかったので漫画版も購入しました。

 

なぜ100年前に書かれた本が今になって漫画になったのか?というと、お金持ちになる為の方法が、大昔から今もなお、変わっていないからです。

 

言い方を変えれば、この本を読んで「多くのお金持ちが生まれたから」とも言えます。

 

そんな不朽の名作を今回は、書評記事にしていきたいと思います。

 

 

 

 

金持ちと貧乏人の違い

 

 

まず始めに、あなたは「なぜ金持ちと貧乏人がいるのか?」という問いに答えられるでしょうか?

ちなみに僕は答えられませんでした。

 

「金持ちと貧乏人の違い」その答えは「お金の増やし方を知っている人」であるとの事。

お金をたくさん持っているだけでは金持ちではな

 

つまり、お金よりも知識の方が価値が高いという事です。

 

この本の中でも例えられていますが、無人島に行く人に「魚を与えるのではなく、魚の取り方を教えるべき。」

この方がが結果的には多くの魚を得る事ができますよね?

 

スポーツ選手や芸能人がスターになって大金を手にした後に破産した。

というニュースをたまに聞きますが、こういう人は典型的な「お金を持っているだけ」の人です

 

大切な事は、「お金を自分の奴隷にし、徹底的に働かせる」こと。

要するに、「資産運用しなさい!」という訳です。

 

お金を働かせる方法は様々ですので、ここではあえて深くは触れません。

少し例を出しておくと、株式投資や債券、不動産、事業投資などです。

 

男の子
資産運用って言ったって、そもそも資産が無いよ・・・

こんな人も多いと思います。

 

「バビロン大富豪の教え」では一般人が金持ちになる為のルートを明確に示してくれています。

これは誰にでも出来て、今すぐに実践できる方法です。

 

 

 

黄金に愛される【七つ道具】とは?

 

「バビロン大富豪の教え」の中で、黄金に愛される七つ道具というものが存在します。

 

結論から言うと、これが出来れば誰にでも金持ちになる事が可能です。

 

黄金に愛される七つ道具

  1. 収入の十分の一を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯えた金に働かせよ
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそ最大の資本にせよ

簡単にまとめると、貯金して、資産運用しろよ!ということ。

これを愚直に実行できれば確実に金持ちになる事ができます。

 

男の子
これを実行したら金持ちになれるの?

もちろん、それ相応の努力は必要にはなりますが、世界中にある「金持ちになる方法」のどれよりも現実的な方法だと思います。

 

この記事では七つ道具の詳細を全てお伝えはしません。

なので七つ道具の真髄を知るために、実際に読んでみる事がおすすめです。

 

 

金持ちになる為には○○が必要

 

 

男の子
よし、金持ちになれる秘訣が分かった!これで僕も金持ちだ!

と思う方もいるかもしれません。

 

しかし本の中でも言われている通り、七つ道具を知っているだけでは、金持ちなれない

 

金持ちになる為にすべきことは「行動」です。

 

収入の十分の一を貯金しなければ、七つ道具は効果を発揮しませんし、貯えた金をそのままにしておいても金は一向に増えません。

 

金持ちになる方法は「バビロン大富豪の教え」が教えてくれます。

なので、読んだ後には必ず、行動しましょう。

 

 

お金は「おまけ」

 

「バビロン大富豪の教え」ではお金持ちになる方法だけではなく、お金とは何か?」についても学べる事ができます。

 

主人公のバンシルは物語の冒頭から「大富豪になるんだ!」と口癖のように言っていました。

しかし、最後の最後にお金はおまけと言い切ります。

 

バンシルは結果的に大富豪になるのですが、金持ちになっても相変わらず誰よりも働いています。

 

なぜ働くのかと言うと、「感謝されたい」から。

「感謝されたい」と言うと恩着せがましく聞こえますが、少し違います。

 

バンシル曰く「人に感謝される仕事をすることに意味がある」とのこと。

 

お金=感謝の証

と捉えており、感謝される仕事が出来れば、お金は後から付いてくる。

 

男の子
そんなんキレイごとじゃん・・・

って思うかもしれませんが、現実世界でもありえます。

 

分かり易く、Amazonを例にしてみますね。

 

Amazonで買い物をするとわざわざ店に買いに行かなくてもいいから、すごく助かりますよね?

という事は、世界中の人がAmazonに助けられている=Amazonに感謝している

だからCEOのジェフ・ベゾス氏は世界で1番の金持ちになれたという訳です。

 

ちなみにAmazonの経営理念は「お客様第一優先」です。

 

この事からバンシルが言うように「人に感謝される仕事をすることに意味がある」という言葉の意味がよく分かりますよね。

 

 

まとめ

 

僕は「バビロン大富豪の教え」から、人生において大切な事をたくさん学ぶことが出来ました。

 

学んで終わりではなく、行動する事の大切さ。

お金よりも知識が大切である事。

お金はあくまでもおまけで、感謝される仕事をするべき事。

 

「バビロン大富豪の教え」は、ただお金を稼ぐための本ではなく、人生の教科書だと思います。

「人生において重要な事はこの本の中に全て書かれている」と言っても過言ではありません。

 

それくらいに素晴らしい本です。

100年前から今もなお読み続けられている理由がよく分かります。

 

ぜひ1度手に取って読んでみる事をおすすめします。

 

 

  • この記事を書いた人
k8ism

けーぱち

24歳 / アパレル店員→自動車営業 / 人見知り /【note】にてブログ収益と戦略を公開中 https://note.com/k8ism/m/m7a9f3101a4c4

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.