書評 読書

【書評:アウトプット大全】学び方が変われば人生が変わる

 

けーぱち
まいど、けーぱちでございます! 自動車の営業職をしています。 前職はアパレル販売員をしていました。 この経験を元に当サイトでは 主に、「営業の心得」や「仕事に対する思い」 などをメインに執筆しています。

 

この記事では下記の疑問に答えます。

 

疑問

  • 【アウトプット大全】という本が気になっている
  • 【アウトプット大全】を読むとどうなるのか?

 

今回は樺沢紫苑さん著書の【アウトプット大全】という本について書評です。

ネタバレ的な記事ではなく、あくまでも「この本を読んで何が変わるのか?」にフォーカスして書いています。

 

もし、あなたが書店でこの本を見つけて買おうか悩んでいるのであれば、購入を強くおすすめしていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
created by Rinker

 

どんな本

 

 

ざっくり言うと、「アウトプットの仕方を学べる本」です。

 

アウトプットと一口言っても様々な方法があります。

言葉で話す、手書きしてみる、ブログで記事にして発信するetc

この本では上記のアウトプット方法をより効果的にする方法が学べます。

 

著者曰く、「できる人ほど、アウトプットを重視している」そうです。

ですので、適切なアウトプット方法を学ぶことはできる人(結果を出せる人)になるための近道といえます。

 

また全てにおいて科学的根拠に基づいた説明がされているので、非常に信憑性が高い情報を得ることが出来ます。

さらに、基本的に見開き2ページで1つの項目が終了する構成になっており、その中にも図解や絵が挿入されているので、「活字が苦手」という方にも分かり易い一冊となっています。

 

「これから発信力を鍛えたい」という方には持って来いの一冊となっていますので、読んで後悔はしないでしょう。

 

 

 

作者はどんな人?

 

【アウトプット大全】の作者は冒頭でも触れましたが、樺沢紫苑さんという精神科医の方です。

精神科医でありながらも作家としても活躍されており、【アウトプット大全】の時点で合計28冊もの本を出版されています。

詳細はこちらをご覧頂けたらと思います。

経歴

1965年、北海道生まれ。最終学歴は札幌医科大学 医学部。 卒業後は札幌医大神経精神医学講座に入局。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務する。 2004年から米国シカゴのイリノイ大学に3年間留学。うつ病、自殺についての研究に従事。 帰国後、東京にて樺沢心理学研究所を設立。

メールマガジン、Twitter、Facebookなど、累計30万人以上のインターネット媒体を所有し、精神医学や心理学、脳科学の知識、情報をわかりやすく発信している。

2009年12月16日よりYouTubeにて「精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル」を開設しYouTuberデビュー。 こちらも精神医学、心理学などを解説した動画を日々アップロ-ドしているチャンネルとなっている。

 

著書

※Wikipediaより引用

 

また作者自身も圧倒的なインプットとアウトプットを繰り返しており、普段から下記の活動をされているそうです。

 

著者の主な活動

  • 月間20冊以上の読書を30年以上
  • メルマガ毎日発行13年
  • Facebook毎日更新8年
  • YouTube毎日更新5年
  • 毎日3時間以上の執筆活動11年
  • 年2~3冊の出版10年連続
  • 新作セミナー毎月2回以上を9年連続

 

はっきり言って異常な量ですよね?

 

これだけ働いているとこのような疑問が生まれます。

男の子
ずーっと働きっぱなしなんじゃないの?

僕もそう思いましたが、樺沢紫苑さんは常人より圧倒的に遊んでいるそうで、

  • 18時以降は働かない
  • 月10本以上の映画鑑賞
  • 週4~5回のジム通い
  • 月10回以上の飲み会
  • 年間30日以上の海外旅行

を日常的に行われているとの事です。

この事から、いかに効率的に作業しているかが伺えますよね。

 

【アウトプット大全】では、異常なアウトプット量の樺沢紫苑さんの秘密を学ぶことが出来ます。

 

 

なぜ買ったの?

 

僕がなぜ【アウトプット大全】を買ったのか?

理由としては非常にシンプルで発信力を鍛えたいからです。

 

今の時代、ネットビジネスをしていく上では発信力が最重要といっても過言ではありません。

どうしたら読者の心に刺さるのか?どうしたらフォロワーの反響が良いのか?などブロガーの端くれとして、今後の自己成長のために必須であると感じた為です。

 

 

何を発信したら良いか分からなかった

 

「発信」と一口に言っても、いざTwitterやブログで自己表現をしようとすると案外難しいものです。

 

けーぱち
素人の呟きなんて誰が興味あるんだろう?

【アウトプット大全】を読む前の僕はこう思いながらツイートをしていました。

 

しかしこの本を読んでから「発信」の捉え方が劇的に変わりました。

 

発信=アウトプット

 

アウトプットとは、学んだことを外に出すことで更なる学びに繋げること。

「素人の呟きなんて~」というのはそもそも発信の仕方が間違っていたわけです。

 

なんでも良いので自分でインプット(学習)した物事をTwitterやブログを通して発信する事が学びでが深まるという事を【アウトプット大全】を通して教えて頂きました。

 

 

アウトプットで現実世界を変えられる

 

「現実世界」はアウトプットでしか変わらない。

と著者が言っている通り、どれだけ革新的なアイデアを持っている人でも、それを発信しなければ何の意味もありません。

 

僕もこの本を読み、今までブログや仕事を通して成長した事や学びをTwitterで発信し始めました。

するとTwitterのフォロワーが50人→250人に爆増しました。わずか10日間での出来事です。

これが「アウトプットで現実世界が変わる」という事なんだと実感しました。

 

これは僕が気付いた事ですが、発信をするときに非常に重要なのは「自慢」ではなく、「自分なりの学び」を発信する事が大切です。

例えば「俺はブログで月収100万稼いだ!」とツイートするよりも「俺は週5回ブログを更新しつつ、Twitterで集客し、有料noteでノウハウを販売したから月収100万稼げた!」の方が説得力もありますせんか?

また、わざわざ自慢せずともこの人なんか凄そうだな!と勝手に読者の方が感じてくれます。

 

このように僕はこの本を通して「正しいアウトプット方法」を学ぶことができ、小さな実績ではありますが、現実世界を変えることが出来ました。

この積み重ねが後々、大きな変化に繋がると思います。

 

 

「言葉」を扱う職業の人には漏れなくおすすめ

 

女の子
この本はどんな人におすすめですか?

と聞かれたら「言葉を扱う職業の人に特におすすめです」と答えます。

 

アウトプットとは「外に出す」作業なので、学んだことを「言葉」や「文章」にして発信する行動が必要です。また【アウトプット大全】の中での実例は主に営業マン目線であったり、ブロガー目線です。

以上の事から、この本を購入して効果が出やすい人は、日常的に「言葉」や「文章」で人に物事を伝える仕事をしている人です。

 

僕のような営業マンやブロガーの人など、どんな職業でもいいのですが「人に伝える」事を職業にしている人は読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

まとめ

 

 

【アウトプット大全】は日頃から僕が感じていた「感覚」を「論理的かつ科学的根拠を元に解説」してくれています。

そのおかげで著者の主張に説得力があり、心のモヤモヤが取れました。

また著者自身がブログを書いていることもあり、例として、ブログがよくが使われているので、ブロガーの僕にはピッタリでした。

 

上記の理由から【アウトプット大全】は僕にとって、紛れもなく「良書」です。

読んでから暫く経ちますが、未だにパラパラとめくりながら読み直しています。

 

少しでも気になった方は購入してみてはいかがでしょうか?

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
created by Rinker
  • この記事を書いた人

けーぱち

24歳 / アパレル店員→自動車営業 / 人見知り /【note】にてブログ収益と戦略を公開中 https://note.com/k8ism/m/m7a9f3101a4c4

Copyright© K8ISM , 2020 All Rights Reserved.